ホーム > 読んだ >

世界漫遊記

書誌

author加藤周一
publisher講談社学術文庫
year1977
price320
isbn581479-Y

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1999.11.0x読了
1999.11.14公開
2001.1.14修正

もともとは 1964 年の本で、それがめぐりめぐって文庫化されたという、そういう意味では息の長い本である。だから、本書に収められている世界情勢というのは 1963 年(執筆時)という、冷戦真っ只中での世界の姿である。もちろん、その中には著者自身も触れているように(といっても 1977 年であるが)、今日から見た考察として正しいものもあれば、間違っているものもある。しかしながら、本書においては、それさえもが一興であろう。軽妙な文章で世界の国々を文字通り「漫遊」する著者の視点は、とても生活感のあるレポートであり、時代の証言となっているからである。

抄録

14

親が子供に号令していたのが逆転した現代。

25

(北米では)大学が国際的であるということ。

26

アメリカという国は本土の戦争を経験したことがなく、消費が美徳の社会であるため貧困への想像力が欠如しがちである。

# 但し、革命を経験していないというのは独立戦争があるので、
# 必ずしもそうは思わない。(唯野)

34

観客に「分からない」ということを分からせるための演劇。

37

床屋の値段から見た世界の物価の違いという視点。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up