ホーム > 読んだ >

南の川まで

書誌

author野田知佑
publisher新潮文庫
year2000
price400+tax
isbn4-10-141011-0

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2009.12.3読了
2009.12.15公開
2009.12.16修正

野田知佑のカヌーエッセイ。『南の川まで』も読んだので一緒に上げておく。

抄録

27-28

「この国(ニュージーランド:唯野注)の農夫と話をするのは面白い。みんなが自分の意見、明確な考えを持ち、数字、統計を出して説明してくれるからだ。こちらの質問に、「判らない」「知りません」という答えがない。自分の運命をほとんど農協や政府にまかせっぱなしでいる日本の農家とはかなり違うようである。」

いつか藤門弘がしみじみといっていた。

「この国の農業を日本の農家の人に見せてやりたいですね。ぼくは農業ってとてもカッコいい仕事だと思うんだけど、日本では当事者がカッコ悪い仕事だと思って、卑下して小さくなって生きているでしょう。この国の農家の人は自信をもって生きていますよ。第一、農業の社会的地位がとても高いもの」

72

外国の人間はこんな金のことにはうるさい。ケチなのではなく、合理的でない値段は許せないという考えが強いのだ。

100-101

それは後進国の話だ、などと思う人に次の話はどうだろう。日本の話だ。

水俣病の原因がつきとめられた後も、水銀を出した会社や政府は御用学者を使って反論し、(これら御用学者の責任はどうなるのか)一〇年間それを認めようとしなかった。その一〇年間の間に水俣病の水銀は拡散し、他の地域に拡がり、数千人の新しい患者を作ってしまった。更に、それから何一つ学ぶことなく、新潟に第二の水俣病を発生させた。そして、患者の救済はまだ未解決である。日本はとても野蛮な、未開の国ではないか。

133-134

水銀中毒になった人は圧倒的に漁村に多く、魚以外にも色々なものを食べていた市街(まち)の人は少なかった。

魚しか食べるものがなかった人たちがみなやられた。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up