ホーム > 読んだ >

無印良品とはじめるミニマリスト生活

書誌

authorやまぐちせいこ
publisherKADOKAWA
year2016
price1200+tax
isbn978-4-04-601471-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2019.10.13読了
2019.10.17公開
2019.10.23修正

ミニマリストで有名なブロガーの本。類書である『少ない物ですっきり暮らす』と2冊をまとめて読んだ。とはいえ、こちらを先に読んだせいか、こちらの方が書名の通り無印良品寄りの内容ではあるものの、良くまとまっていると感じた。著者も紆余曲折を経てミニマリストになったということ、当然やり方も試行錯誤しているし、ミニマリストであっても禁欲者ではない、という堅苦しくない辺りが共感を得やすいのだと思う。

もっとも、だからといって残念ながら私には本を本棚ごと処分などできないので、こういう本に啓発を受けて少しでも積ん読を減らしたいものだ... というかp31にこのことが書かれているのだが、読み始めて早々と自分のミニマリストとしての限界を突き付けられた気がしてしまった...

抄録

2

仕事、家事、子育て……
全部がんばろうと必死に駆け抜けるあまり、
「わたしはこれをやった !」そう思えるものが
何もないことに気づいたのです。

4

捨てるたびに少しずつ、
大切なモノが見えてきました。

9 cf.18

「足るを知る」という言葉がありますが、私は無印良品の「単機能に特化した機能性」「最低限の無駄のないデザイン」に、その言葉の意味を教えられた気がします。

14

今の家に引っ越した3年前に、心の底から「次の引っ越しで、同じ思いをするのは嫌だな」と思うようになり、最小限のモノで暮らす「ミニマリスト」として過ごすと決めました。必要なモノだけを持つ生活を求めるようになったのです。

17

ミニマリスト生活のメリット。

  • 「家族のけんか」が減る
  • 「出費」が減る
  • 「家事の手間」が減る
  • 「迷い」が減る
  • 「自由な時間」が増える

全文を読まれる場合はログインしてください


Up