ホーム > 読んだ >

マイ・アメリカ

書誌

author立木義浩
publisher集英社文庫
year1982
price580
isbn750509-Y

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1998-99 ?読了
2000.10.9公開
2000.11.1修正

アメリカのどちらかといえばマイノリティ面を写真と共に追ったノンフィクション。著者が著者なので、女性の裸もないわけではないが、あくまで一部である :-) それはさておき、個人的に最も興味深かったのは K.K.K の集会風景。実写としてこれほどはっきり見たのは初めてだったので、それだけ衝撃的だった。黒人街の真ん中に真っ白な一団がプラカードを掲げている辺りなど「うーん」という感じである。既に古い本なので、ここで扱われた映像が現時点でどうなのかは分からない。しかし、とても説得力のある写真が並べられている。

抄録

8

LA は大都会ではなく大きな村である。

28

女のためのストリップ劇場。

68-91

K.K.K (KU-KLUX-KLAN) について。集会風景なども撮影されている。本当にみんな白ずくめで三角の帽子をかぶっている。しかし、私の思うに最近のアメリカではもはや WASP そのものがマジョリティからマイノリティへなりつつあるといえる。それは大統領選挙が白人票だけでは勝てないという一点からも明らかだろう。

100/104

ニューオーリンズにおける賛美歌がそのままジャズになっている風景。そして観客は熱狂しアンコールまである。毎週の日曜日に繰り広げられる一種のお祭り。

154

ホモが牽引するファッションの先端という姿。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up