ホーム > 読んだ >

日本人をやめる方法

書誌

author杉本良夫
publisherちくま文庫
year1993
price650
isbn480-02776-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1999.3.21読了
1999.3.24公開
1999.10.30修正

単行本の発売時には結構、話題を集めた本。おもしろそうだったので文庫になるのを待っていた一冊であった。内容は、国に縛られない「越境人間」としての在り方を考察したもので、必ずしも著者の本意は「日本から出ること」という一面的なものではない。そういう国民国家的な発想をも超えて自由になろう??という意味での「異論」の提出という面が強いからである。だから、本書はいろいろな意味における「脱常識」があって非常におもしろい。それゆえ、本書を読んでおもしろいと思うかどうかは「差異をおもしろいと感じるかどうか」と非常に近い部分で関係するように思う。そこさえ乗り越えられるのであれば、究極の「越境」もなかなか身近なもとして感じられるのではないだろうか。

抄録

11-12/66

新聞社から見える日本的な面の縮図的光景。上下関係の厳密な定義、同僚,同輩の集団圧力(休みが取れないetc..)、公私混同が問題とならない(記者クラブは税金によって賄われている)、二重帳簿が当たり前、個人のプライバシーの領域に簡単に踏み込んでしまう、男尊女卑のひどさ??など。

記者クラブは特権的=排他的であり、結果的にエリート意識を生んでいる。

16

外国語の習得は20代前半までがひとつのヤマ。海外にいくのであれば自費で、そして日本人とは隔絶した生活を送るのがよい。

18-19

日本人論はアメリカとの差異にばかり着目していて、逆に類似性への注目が少ない。例えば、日米以外を視野に入れると選挙の投票が共に義務ではない(豪では義務)、労組の組織率が低い(豪では高い)、他国への膨張主義的側面を持つ(豪にはあまりない)などがあるにもかかわらず...である。

20-25

[比較-相対化]で必要とされる気配り。

  • あらゆるステレオタイプの総点検/先入観からの脱却
  • 国家関係が持つ力関係への理解(英語帝国主義ほか)
  • 国家利益と国際利益の違いの把握(「国際化」の手段と目的の区別)

「闘争」と「逃走」というふたつの方法論。

30-34/40

子どもの育ち方から、その社会の深層が見える。

子どもごとに別の遊びを勧めるオーストラリアと全員での協調を基本とした遊びをさせる日本。背の高さで並ばせる日本。そして、「班」を基本単位とする日本(欧米や豪州ではこの習慣はない)。「班」は他の班との競争と同時に内部への相互監視という力学を持つ。班は英語ではgroupというよりもsquad(分隊)という方が近い。つまりは軍隊的な秩序として見た方が的確。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up