ホーム > 読んだ >

おらが村 (全2冊)

書誌

author矢口高雄
publisher翔泳社
year1995
price各\1,300
isbn88135-182-6

目次

1感想

履歴

editor唯野
1998.8.2x読了
1999.9.2公開
2002.11.28修正

現代日本で田舎漫画を書かせたらこの人の右に出るものはいない矢口高雄の、その最初の本格的な田舎漫画作品。むろん、この2冊は復刻というかたちのA5版のものである。矢口高雄といえば『釣りキチ三平』ばかりが有名で困ってしまうのだが(もちろん十分におもしろいです。)、この一連の作品も十分に傑作だと私は思う。もちろん、主題は地味だし、都会生まれの都会育ちな人からは得心の難しい点はあるのかもしれない。しかしながら、それをいうならば私にもそういう部分は多分にあるわけで、それは物語とは別の問題だと思う。とにかく読まず嫌いでこういう本を逃しているのだとしたら、もったいないなと思う部類に入る本である。ちなみに、本作に続く作品としては他に『新・おらが村』『ふるさと』などがある。

# それにしても、『釣りキチ三平』のキチがキチガイということで言葉狩りに
# 引っかかるというのは、これまた至極もったいないお話です。

Up