ホーム > 読んだ >

Premiere Pro Standard Techniques
CS4 Professional Works 100

書誌

author石坂アツシ
publisherBNN
year2009
price3200+tax
isbn978-4-86100-642-5

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2011.01読了
2011.05.21公開

基本操作的なことには触れずに、具体的に作りたい映像シーンに合わせて、その作成方法を解説した実践的な本。一通りのことは載っていると思うので Premiere Pro で簡単に動画を作りたい場合には便利な一冊だと思う。

実際、Premiere Pro はエフェクトひとつをとっても非常に種類があり、更にそれらを組み合わせることができるので、その気になればかなりのことのできる感じがするが、マニュアルはお世辞にも親切だとは思えない。そのため、チュートリアルや簡便な機能の一覧が素直に欲しい気がする。

まあ、私の場合にはそもそもデザイン用途のソフトウェアはキーボードというよりもマウス主体の操作になってくるので、そちらでの違和感が先に来てしまうのだが...

というわけで以下に目次で掲載されている項目を列挙しておく。

抄録

オープニング映像

基本的なフェードイン(黒い画面から浮かび上がる)
エフェクトを使ったフェードイン(暗い画面から浮かび上がる)
色が先行するフェードイン(強い色から浮かび上がる)
白黒からのフェードイン(白黒からカラーが浮かび上がる)
ピント+フェードイン(ぼけた画面から浮かび上がる)

白黒のスローモーション
カラフルなフィルター(4色グラデーション)
画面の途中で反転(画面の半分で反転)
2つの映像を合成(協会をぼかした合成)
フリーズフレーム(動画の途中で静止させる)
キャラクター紹介(動画の一部を登場人物紹介に使う)

線のアニメーション(縦横に伸びる線の挿入)
円のアニメーション(波紋のような円の挿入)

ハレーション(動画に光の干渉を挿入)
光の反射(動画に光の反射を挿入)
縮小画像のはめ込み(3つの映像を縮小・トリミングして1つに)
変形画像のはめ込み(3つの映像の縮尺を変えて1つに)
繰り返し合成(映像端に映像をコマ送りのように配置)

ブラインド1(ブラインドから覗いたような映像の合成と移動)
ブラインド2(エフェクトのかかった映像をブラインド状に配置)

基本的なフェードイン(不透明度を変える)
尾を引くフェードイン(ぼやけたタイトルのピントが合ってくる)

中央から飛び出す(画面中央からタイトルが飛び出す)
下から上昇(画面下部からタイトルが上がってくる)
横からスライド(二つの文字列が左右からスライドしてくる)
ズームアウト(画面手前から奥に文字が落下するように入ってくる)

陰から現れる(映像内の水平線などから文字がせり上がってくる)
一文字ずつ現れる(タイプライター的な登場)
ロールがほどける(巻きがほどけて文字列に)
波に漂うように現れる(ゆらゆらと文字が現れる)
堕ちてバウンド(文字が落ちてはね返る)
急ブレーキで停止(飛び出した文字が急ブレーキで伸び縮み)
回転しながら現れる(文字列が横回転しながら登場)

全文を読まれる場合はログインしてください


Up