ホーム > 読んだ >

乱世に生きる中国人の知恵

書誌

author諸橋轍次
publisher講談社学術文庫
year2001
price900+tax
isbn4-06-159514-8

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
?読了
2012.4.24公開

書名に「乱世」とあるものの、読んでみるとそれほど乱世だからどうこうという内容ではない。著者の考える中国人の性向を、中国の思想史と歴史に絡めつつ述べた本という方が正しいと思う。中国古典の言葉なり乱世の故事成語だけを引っ張ってきて現代のビジネスの指針にしようとするような本よりはましだと思うが、強く印象を与える本かというと、あまりそういう感じはしなかった。

私は著者の『中国古典名言事典』が大好きなので(これ一冊だけで中国古典を網羅できてしまうすばらしく重宝する本である、下手な中国古典一種類を選ぶくらいなら私は本書を選ぶ)、中国古典の泰斗の本という期待があって読んだのが、その意味では少し肩すかしを喰らった感じだった。

抄録

22-23

老子のことばに、「民、死をおそれずんば、いかんぞ死を以てこれをおそれしめん」というのがあります。死んでもよいと考えている人に対しては、殺すぞといっても、それはなんのおどしにもなりません。戦いに負けることをあたりまえだと考えている国民(中国人:唯野中)に、どうして勝つことができるでしょうか。これを相手に戦争するほどむだなことはありません。

24-25

蒙古に行くと、何十頭のラクダをひとりの牧童がムチ一本であやつっています。実に漫々的ですが、その間、彼らは動物の中にとけこんで、いつかしら、その習性を会得するらしいのです。この、本人が意識するかしないかわからないうちに、大きな成績を勝ちとる、これが他の民族には見られない、中国人の大きな知恵であり、力だと思うのです。

27-28 cf.154

-/-中国の人びとは、問題にぶつかったばあいに、けっしてその問題にそれ自身に局限しては考えない。近ごろのことばでいうと、次元を一つ飛び越えて、高いところからものを見ていく特性をもっています。わたくしどもは問題にぶつかると、とかく、それにまっしぐらにぶつかる。これはいい点もあるが、またある見方からすると、ひじょうな欠点にもなります。

33

西洋の人の中には、中国は眠れる獅子であるといった人があるように聞いています。それも一面の観察だとは思いますが、わたくしには、中国人が獅子とか虎とか、そういうたけだけしいところは、すこしも見当たりません。もしいうならば、牛のような民族である、あるいは象のような民族である、と考えたいのです。

53

全文を読まれる場合はログインしてください


Up