ホーム > 読んだ >

ろくでなしのバラッド
人間は掛けをする動物である

書誌

author森巣博
publisher小学館文庫
year2000
price552+tax
isbn4-09-404641-0

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
?.11.25読了
2012.1.30公開
2012.1.31修正

森巣博の最初の単行本だが十分におもしろい。氏の本をずっと読んでいる身としては、重複する記述感がなきしにもあらずなのだが、それでも圧倒的におもしろい。読むべし、読むべし。

抄録

16

これだから、競馬は厭なのだ。

昼間から妾の家で酒を飲み、猫の頭を撫でてるオッさんが調教した畜生に、赤の他人が乗っかって、勝負を競う。

責任の所在が、明確でないのだ。

26

この深淵で気が遠くなるような疑問に、『エリア物語』を書いたチャールズ・ラムは、深い思案の末、としたあとで、以下のように答えている。

「人間は賭けをする動物である」

と。

32

だからといって、カシノで博奕を打つ人たちが、レース系に張らない、という意味ではない。大レースには、ちょっと張る。小さなレースでも内部情報が確実だとさえ思えば、大きく張る。

ただし、トート(日本の公営ギャンブル方式)では絶対に張らない。ブッキー(ブックメーカー。胴を取る人の意味)相手に張る。

36

日本語でいう「賭場」、これは中国語でも「賭場」であり、世界共通語では「カシノ」となる。

一方、「カノ」とは、女を(そして最近は男も)金で買える場所を意味するイタリア俗語である。つまり、「娼窟」であり、「売春婦」を意味する語だ。

37

そして、地球規模で数多く存在するカシノ群は、地域的あるいは「文化」的背景という特殊性を抱えつつも、明確なひとつの共通点を有する。

ターンオーヴァー(賭金の総量)が圧倒的に巨大な勝負卓は、「ビックバック」である、という点だ。

バカラ(Baccarat)である。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up