ホーム > 読んだ >

さおだけ屋はなぜ潰れないのか
身近な疑問からはじめる会計学

書誌

author山田真哉
year2005
price700+tax
isbn4-334-03291-5

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2007.7.20読了
2018.1.11公開

一時期、ベストセラーになった本。例によってこの種の本は叩き売りされるようになったものを買っている。ただ、人目を惹くタイトルとは裏腹に内容的にはむしろ副題の方が正しく、あくまでも会計の入門書である。

そのため、少しでも会計をかじったことのある人にとっては物足りなさを感じると思うが、逆に会計を敬遠していて全く接したことがないという人には、最初の一冊として好適だと思う。企業会計というよりも家庭の家計寄りの話もされているので、その意味でも身近に感じられるのではないだろうか。

抄録

25 cf.28

さて、さおだけ屋に限らず、企業というものは継続することが大前提にあって、会計用語ではそれをゴーイング・コンサーンという。そして、継続するためにはまず利益、なにがなんでも利益がなければはじまらない。

26

つまり、現金というものさしだけでは企業は計れないのである。一方、利益は現金の動きだけではなく、掛や手形、工場などの設備の動きも踏まえて計算される会計上の儲けの指標なので、企業を見るうえでは重視されるのだ。

31

ハンバーガー業界の業績が悪化したときも、真っ先に打たれた手が、格安バーガーの値上げと高級バーガーの大々的な宣伝であったことからもわかるように、単価を上げることが業績回復の最も安易な手段なのである。

32-33

ある人がさおだけ屋に「普段はなにをしているのですか ?」と直接質問してみたところ、「うちはそこの商店街の金物屋だよ。もちろん、お店でさおだけを買ってくれる人もたくさんいるんだけど、どっちにしろ自宅まで配送を頼まれるから、どうせだったらこっちから売ってまわってしまった方が早いってことで出張販売してるんだよ」という答えが返ってきたそうである。

なんと、「さおだけ屋」なる商売はそもそも存在しなかったというわけだ。

35-36 cf.38

もう一度おさらいすると、利益を出すためには、


  • 売り上げを増やす
  • 費用を減らす
  • のふたつの方法しかない。しつこいようだが、知っていると得する知識である。

    巷には、ありとあらゆる金儲けの本があふれているが、これも大別すると、以上のふたつの考え方しかない。

    全文を読まれる場合はログインしてください


    Up