ホーム > 読んだ >

警察回り

書誌

author本田靖春
publisher新潮文庫
year1989
price440
isbn10-116711-7

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2000.4.19読了
2000.4.23公開
2000.4.27修正

「バアさんが死んだ。」という一文で始まる本書は、戦後の??ジャーナリズムといえば新聞であり、新聞といえば社会面であった時代、もっといえば新聞記者がまだブンヤと呼ばれていた時代??を当時の警察回りの記者の溜まり場であったバー「素娥」のマダムの人生に重ねながら追ったひとつの同時代的証言となっている。加えて、著者と天声人語で名声を博した深代淳郎とバアさんをめぐる交友など、興味の尽きない側面も持った一冊である。

しかしながら、本書が投げかけているものはそれだけではないだろう。というのも、著者の世代以上の日本人のひとりひとりにとって「いつ戦後が終わったのか」は大きな命題のひとつだと思うが、著者は本書によって自分における「戦後」をも総括しているといえるからである。なぜなら、新聞がかつての地位を失って姿を変えていく中で、そこに著者自身の青春と戦後を見ることもできるからだ。つまり、優れたノンフィクションがノンフィクションとして扱う対象のみならず、自らの内面への問いとしても重ね合わさることを実感できるのである。

抄録

25

バアさんが上野警察署の裏手でトリスバー「素娥」を開いたのは、昭和三十二年十一月のことである。

カギ型のカウンターにスツールが七つ、八つ。そのほかに四人掛けのテーブルが一卓あって、奥に申し訳ばかりのトイレがついているという小さな店であった。

31/179-181/252/258-259/269

深代淳郎について。彼は朝日で横浜支局員、東京本社社会部員、ロンドン・ニューヨーク特派員、東京本社社会部次長などを経て S43 に論説委員となった。S46 にヨーロッパ総局長としてロンドンへ渡り S48 年に戻ると 2 月より天声人語を担当、S50 年に倒れるまで執筆を続けた。そして、この年の 12 月に 46 歳の若さで亡くなった。

実際、私にもこれまでに「これは名文の書き手だ」と呼ぶより他はない文章家が何人かいるが、そこから更に一人を選べといわれれば躊躇なく氏を選ぶ。(いうまでもなく、本書の著者も文章の名手であるが。)そして、天声人語はまさしく朝日の中でも選ばれた人間が執筆中は匿名で書くコラムであるが、その中でも最もすばらしい文章は彼の担当した 2 年間だと思うからだ。私ももともとは「受験のため」などという不純な動機で読んでいたコラムであり、むろん(朝日ゆえの ?)教条的というか建前的なところもなきしにあらずではあるのだが、関心のある方はぜひ一読してみて欲しいと思う。

その深代氏とバアさんの交流が長きに渡って続いたのは、自身の緊張をほぐす息抜きの相手としての部分があったからではないかと著者は分析している。そうして「素娥」の閉店後にも当時の警察回りの記者たちの集ってできたのが「素娥の会」であったが、深代はことのほかこの会に熱心だった。

36-39/74

全文を読まれる場合はログインしてください


Up