ホーム > 読んだ >

青年と学問

書誌

author柳田国男
publisher岩波文庫
year1976
price400
isbnI-33-138-2-Z

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2000.2.?読了
2000.3.29公開
2000.6.17修正

書名の通りの内容の本である。むろん、あくまでも本書が扱う「学問」とは民俗学のことなのであるが、単なる民俗学の範疇だけに完結していない辺りはやはりさすがで、日本民俗学の嚆矢ともいえる著者の大きさを感じるに足る内容である。

そうでなくても私は民俗学には少しも詳しくないので、本書で著者の論じるような民俗学の課題が今日においてどの程度に解決され進歩しているのかは分からない。しかしながら、学問を学ぶ目的が天下国家、国家百年の大計のためというような視野の大きさ、そしてそれでありながらも書物を過信するなというような主張は今日でも(こそ ?)強い説得力をもっているように思う。とかく、現代における勉学の目的も自分のためというような風潮が強い中にあって、たまには気宇壮大な意識の持つことを考えるのも悪くはない気がする。また、殊に後者は私のような本おたくにとって肝に銘じるべき戒訓だろう。

抄録

3

日本の講演も早くラジオと同じように、三十分間で目的を達することにしたいものだと思う。そうすればかならずもっと有力な、印象の深い教訓が得られるに相違ない。しかし今日の講演の長たらしいのは、いわゆる下手の長談義のためばかりでない。聴衆の方でも今日は緩(ゆる)りと御話をなどといい、また短かい話を物足らぬように感ずる風がある上に、前もってすこしも準備がなく、中には理解のために骨折ることを厭(いと)うて、むしろ有りふれたことを面白く説く者を、歓迎せんとする傾きさえあるのである。これではとにかくに大切な時間のむだだと思う。-/-

15

-/-史学は古い事を穿鑿する技術ではけっしてない。人が自己をみいだすための学問であったのだ。がそういう風には自他ともに考える人が少なかった。

18

それには何よりもまず国と国との関係、ことに肝要なる一通りだけは、誰にでも知らせて置かねばならぬのであるが、これまではその方法と順序が的を得ず、我々の普通教育の外国地理などは、いたずらに遠方の国の首府や人口などを暗記させて、かえって目と鼻との間にある隣の島に、いかなる人間が住みいかなる政治が支配しているかをさえ説明しなかった。ことに面倒とは言いながら大切な知識が、あまりに専門の人に独占せられていたのみか、他の部分には飛んだ誤解さえ正されずに打棄ててあったのである。-/-

31

-/-白人侵略というがごとき突然かつ偶然の歴史的変化がなかったならば、後にいかなる珍しい形をとって、この文明(太平洋上の島々における熱帯地方のそれを指す:唯野注)は成熟したか知れなかったのである。-/-

33

全文を読まれる場合はログインしてください


Up