ホーム > 読んだ >

政治ジャーナリズムの罪と罰

書誌

author田勢康弘
publisher新潮文庫
year1996
price400
isbn10-140213-2

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1997.autumn読了
1998.7.24-5公開
2001.4.16修正

類書としてはかなり著名で文庫化の待たれていた本である。内容的には、これまで私の見聞しててきたジャーナリズム批判の書の中でも、具体例の抱負であることと、何よりも「事後の検証能力」という点を強く主張していた点が印象的だった。

但し、読了がかなり昔の本なので(例によって付箋を貼ったままだった)、やはり取り上げた内容も散逸的になってしまったような... 系統立てた文脈の中での再検証が私自身にも必要だろう。

抄録

13

鋭い批判を支えるのは深い取材である。 cf.23 足で稼ぐもの

13

政治ジャーナリズムにおける政治と政界の混同。

21

日本のジャーナリズムは前倒し型で事後の検証能力に欠ける。 cf. 201

21

噂は知っていても活字にできるだけの事実を知らない。 e.g. 田中角栄の金権疑惑

25

アメリカでのバイアス(偏向)報道をめぐる問題。 e.g. クリントン

全文を読まれる場合はログインしてください


Up