ホーム > 読んだ >

「仕組み」仕事術

書誌

author泉正人
publisherディスカヴァー
year2008
price1300+tax
isbn978-4-88759-611-5

目次

1感想
2抄録
3.

履歴

editor唯野
2009.10.19読了
2009.11.5公開
2009.11.5修正

なかなかの好著。本書の中でも述べられているように lifehack ではない「仕組み」の導入によって物事をシンプルかつスマートに片づけるという主旨のはっきりしたことが書かれている。私も楽をするための仕組みというか、そのための見える化・ワークフロー化には以前から取り組んでいるが、その意味でも参考になった。GTD などにしても、それをどう使うかということを考えて迷ったときには、本書で書かれているような原理原則「シンプルに流れを決めて取り組む」というところへ立ち返ればいいのだと思う。

抄録

6 cf.32

「仕組み」とは、
「誰が、いつ、何度やっても、同じ成果が出せるシステム」のことを言います。

27

しかしあるとき、気がついたのです。目の前の仕事に追われ、今ある業務をまわすだけで一杯になっていては、新しい仕事を生みだすことができない。スタッフの教育に力を向け、会社の経営や戦略について頭をはたらかせる時間もとれない。このままでは近い将来、会社も、自分自身もまわらなくなる、ということに。

35

?@高い能力を身につけていること
?Aそして、それを「仕組み」にすることができること

この2点を兼ね備えていることが、現代の「できるビジネスマン」の条件なのです。

38

そのためにも、「作業系」の仕事を「仕組み化」することで捻出した時間を、「考える系」の仕事にあてるのです。

40

このように「考える系」の仕事を面倒くさがって先送りにしたり、「作業系」の仕事にばかり逃げ込んだりするビジネスマンは、案外多いのです。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up