ホーム > 読んだ >

「頭のいい人」は、シンプルに仕事する !
人生のクオリティーが画期的に上がる本

書誌

author中島孝志
publisher知的生き方文庫
year2014
price650+tax
isbn978-4-8379-8269-2

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2018.11.25読了
2019.3.25公開

ビジネス書であり仕事本であるが、とてもよくまとまっている。たまには読み返して意識できてないところをチェックするのにも適していると思う。

抄録

3

-/-なぜなら、仕事を「シンプル」にするためには、まず、さまざまなものを「捨てる」ことから始めなければならないからです。

4

仕事を「シンプル」にするためには、何が大事で、何が大事でないのか――その本質をつかむための思考力を磨く必要がありますし、自分がどうしたいのか、どうありたいのか――といった「人生哲学」みたいなものを確立する必要もあるのです。その上ではじめて、さまざまなテクニックが生きてくるのです。

16-22

仕事をシンプルにするために捨てるべきお荷物。

  • 完璧主義と独占主義
  • いい人
  • 先延ばし
  • 過度の不安・心配性
  • 丼勘定・無計画
  • 頑張りすぎ(一人で抱え込む)
  • 短気
  • 不要・不急の物
  • 過去の自分(成功・失敗)

22

仕事は「メリハリ」こそ何より重要です。

24

-/-2割の「原因」から8割の「結果」が生まれることを、統計学的に証明した理論です(パレートの法則:唯野注)。すべての仕事に同じエネルギー、同じ時間をかけることなど不可能ですし、愚の骨頂です。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up