ホーム > 読んだ >

インターネット時代のスピード開発法
スコープを絞り、既存資産を最大限利用する

書誌

author矢崎茂明
publisher日経BP社
year『日経オープシステム 2000.10』p.120-139

目次

1抄録
2補遺

履歴

editor唯野
2000.10.16読了
2000.11.26公開
2001.1.2修正

抄録

システム開発に求められるスピードへの要求がシビアになりつつある
(特にインターネット関係のシステムなど)

従来の機能・性能・信頼性に加えた短期開発というユーザ要求

成功したプロジェクトでの共通点
  • プロジェクト・スコープの絞り込み
  • ・カット・オーバー時に全ての機能を揃えない 機能に優先順位を設け、後から追加できるものはユーザの声を元に追加 全てのプロジェクトで有効というわけではない ・開発全体の中でもプロジェクトを細かく区切る 問題の早期発見 コンポーネント化の推進
  • 既存資産の利用
  • 分散オブジェクト環境や EC 構築用パッケージの利用 プログラムに限らないドキュメントを含めた再利用

    プロジェクト・スコープの絞り込み

    カット・オーバー時に動いていなくてもよい機能を
    後回しにして開発工数そのものを削減
    
    レア・ケースにおける試験を後回しにするなど
    (絞り込みすぎるとシステムの魅力を低くする)
    
    足りない機能を顧客やユーザの声を元に後から追加することでニーズに応える
    (機能追加のスピードがないとユーザに不便を強いることになる)
    ↓
    機能追加・変更を見越した設計の必要性
    
    絞り込みにおける評価基準
    
  • ビジネスでの利益
  • 技術的難度
  • ユーザの受け入れ度合
  • エンドユーザへの影響を最小限に抑えるようにする どのようなケースで機能追加などが難しいかを整理しておく (インタフェース(HTML など) < ビジネス・ロジック < データベース) (インフラ(OS・マシンなど) < 再利用可能なソフト部品 < 作り込みのソフト部品) 変更に伴う影響の大きい部分はプロジェクト・スコープも大きく取る 修正に対する重要度と修正のしやすさから優先順位付けを行う (重要度が高く修正しやすいものから手をつける)

    プロジェクト・スコープの分割

    全文を読まれる場合はログインしてください


    Up