ホーム > 読んだ >

STUDY HACKS!
楽しみながら成果が上がるスキルアップのコツと習慣

書誌

taglifehack
author小山龍介
publisher東洋経済新報社
year2008
price1500+tax
isbn978-4-492-04298-4

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2008.10.8読了
2009.4.5公開
2009.7.23修正

『IDEA HACKS』『TIME HACKS』に続く小山氏による HACK 本。特に資格試験などに的を絞った勉強法などを紹介しているが、全般的に同意できるところの多い本だった。この手の本は類書も多いが、本書の内容だけ知っていればもういいのではなかろうか。

抄録

4

-/-特に 30 歳前後で、仕事にも慣れてきてちょっとした自信も出てきたあたりが一番危ない。「このやり方が正しい」という過信が、目を曇らせてしまう。「こういうやり方でやってきた」「この会社ではこうやることが重要なんだ」というせりふが出てくるようだと、もはや赤信号です。ここには、「今までこうやってきたから、こうやる」という、およそ論理的とはいえない論理が横たわっています。そして残念ながら、「あなた、木の上にいますよ」と忠告する人もいない。-/-勉強というのは、こうした悪い熟成を回避するためのものなのです。

25 cf.27

-/-そういうときには、IC レコーダーを使います。教科書の覚えたい部分を朗読して、IC レコーダーで録音してしまうのです。こうすれば、自分が教師となって自分に教える、自学自習の教室ができあがります。

31

逆にいえば、(ノイズキャンセリングの:唯野注)ヘッドホンを使うことによって、集中できる場所を飛躍的に増やすことができるのです。-/-

33

DVD のいいところは、自分の好きな時間に勉強できるという点。-/-

36

教えたときの理解度の高さについて。要は他人に教えられる(説明できる)ことを目標にするということ。私も自分なりに人に教えている状態をシミュレートしていることがある。つまり説明口調で頭の中で反復するということ。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up