ホーム > 読んだ >

諸君! この人生、たいへんなんだ

書誌

author山口瞳
editor常盤新平(編)
publisher講談社文庫
year1992
price400
isbn4-06-184237-4

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
?.8.13読了
2013.9.12公開

要は著者の本のアンソロジーというか、一部分を抜き出してまとめた、私のやっている読書ノートの抄録をそのまま一冊にまとめたような本である。氏の本そのものも他には改めて読んだことがないので、突っ込んだ意見は避けるが、今どきの実利優先な就活本とは一味違った人生訓的、少し余裕のある語り口が当時の時代をも表しているように思う。

抄録

24-25

-/-そこで、若いときの山本周五郎先生を絶望から救ってくれたストリンドベリイの言葉を掲げることにする。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。働くのは会社のためでも家族のためでもない、自分のためである。失意のときは、この言葉を思いだしてくれ給え。気楽な稼業だと思ったら大間違いだ。常に安住するな。しかし、この言葉の本当の意味がわかるのは、四十歳、五十歳になってからだろう。新入社員諸君、この人生、大変なんだ。そうして、本当の酒の味がわかるのは、苦しみつつ、なお働いた人たちだけなんだ

29

-/-自分が間違っていると思ったら、すぐに訂正したまえ。ゴメンナサイと言える人間になりたまえ。-/-

34

此の世で好ましいもののひとつが「礼儀正しい青年」だ。反対に、猪口才な奴、青二才、嘴の黄色い奴、甘ったれは大嫌いだ。

49

-/-僕は、君たちにひとつだけお願いがある。それは「心に理想を抱く人間になれ」ということだ。理想のない人間は駄目だ。目標なしに生きていたってつまらない。

51 cf.59

-/-怖れることは何もない。地道な努力を積み重ねていれば、誰かが必ず認めてくれる。積み重ねによって大きな家が建つ。-/-

全文を読まれる場合はログインしてください


Up