ホーム > 読んだ >

ぼくの旅のカタログ

書誌

author森本哲郎
publisher角川文庫
year1985
price490
isbn4-04-143921-3

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2010.6.8読了
2010.7.16公開
2010.7.19修正

旅行記である。それも写真が多い。私も著者の本は好きだが、普通といえば普通の本だった。

抄録

14-15

ギリシアの男たちの踊りの特質は、けっしてみんなで踊らないことだ。めいめい独りで踊る。第二の特徴は、けっして上を向かないことである。踊り手はいつも目を伏せ、地面を見すえている。-/-

22

カスパはいまなおアルジェの城である。そう、庶民の城だ。どこの町でも庶民の城は城下町と呼ばれるが、この町だけは反対に庶民は上町に住んでいる。アルジェの下町(ダウン・タウン)は上町(アップ・タウン)なのである。

28

その歴史はシェバの女王に始まる。聖書に記されているように、シェバの女王は世界に並ぶ者なき富と知恵の持ち主ソロモン王を訪ね、その知恵を試そうとした。が、ソロモンは彼女のかけた謎をすべて解き明かし、彼女の心まで奪ってしまう。彼女はソロモン王の子を宿して帰国し、やがてメネリクという息子を生み落とす。このメネリク一世がエチオピアの建国の祖となるのである。

34

バーミアンがさかえたのは、このオアシスがシルクロードの要衝だったからである。東の漢帝国と西のローマ帝国のを結ぶシルクロードが開かれたのは、ちょうどそのころ、カニシカ王の領土は、そのまんなかを占めていた。-/-

56

市場(スーク)にはピンからキリまである。地べたに布を敷いただけの青空市場もあれば、天蓋をつけて碁盤の目のようにきちんと区画した大スークもある。しかし、どんな市場でも一歩そこへ踏みこむと、たちまちアラビアン・ナイトの世界が出現する。-/-

全文を読まれる場合はログインしてください


Up