ホーム > 読んだ >

旅の紙芝居

書誌

author椎名誠
publisher朝日文庫
year2002
price820+tax
isbn2-264928-X

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2003.5.14読了
2003.9.1公開
2003.9.3修正

椎名誠の写真エッセイ集。この人は最近だと週刊金曜日でもカバー写真を担当していたりして、本書以外にも写真の本があり(『椎名誠写真館』など)、写真のみならず映画まで作ってしまっている人だから、意外にメディアを選ばず何でもしてしまう人である。(まあ、経歴に「東京写真大学中退」などとある時点でそういう方面への関心が昔からあったのだとは容易に想像できますが。)

本書はそんな意味でどちらかといえば写真の方がメインとなっている一冊である。著者の写真を見ていて私が気づかされるのは、そこに映る人々の目が「生きている」点だろう。うまくいえないのだが、何というか意思のある眼差しとでもいおうか、ある種の存在感、主張を感じさせるものが多い。そして、写真の撮られる場所が著者のおもむくフィールドそのままに実に多彩であり、世界の辺境から日本の田舎まで実に様々である点。それだけに読み手にとっては次に何が出てくるのか予測することができず、それが別の楽しみにもなっている。

そのため写真だけからも著者らしさを伺うことができ、それゆえ私ののような人間にとっては、ちょっとした息抜きにもってこいの一冊ともなるのである。

抄録

146

さらにまた別なある日、海の近くの町を歩いていたらネコがサカナをくわえて走っているのを見つけたのでびっくりした。

大いそぎでカメラをむけると、ネコもすこしびっくりしたらしく、用心深くこっちを睨みつけた。でもぼくの用事がとりあえず写真を撮るだけで、自分の獲物を狙っているわけではないのだな、ということを理解したらしく、やつはそのままじっとしていた。

考えてみるとネコがサカナをくわえて走っていくのはごくごく普通のことで、サカナがネコをくわえたわけではないのだから、そんなにびっくりすることもなかったのだ。

でもそうはいっても、近頃のネコはなかなかこんなふうに本当にサカナをくわえていくということもない。きっとこのネコは古風なガンコ者のネコなのだろう。

189

いまどきの娘らは仲間と数人でいると頭がいたくなるくらいにやかましくて風情もなにもないけれど、一人で本を読んでいるときはさすがにひっそりとしていて絵になる。-/-

私もこれは絵になる風景だと思う。

227

まあ何かとびきり気分のいいショットとか、顔つきがピシャリときまった時などに、片手に V サインがひそかにひとつ??なんてのはいいと思うけれど、最近の人物写真は黙ってカメラにむけるともうのべつ V サインになっていたりする。

ほんの少し前まで日本人の写真には V サインなどなかったように思う。「日本のスナップ写真における V サインの登場とその出現的かつ必然的背景」などという研究を誰かしてくれないだろうか。

240

全文を読まれる場合はログインしてください


Up