ホーム > 読んだ >

忘れの構造

書誌

author戸井田道三
publisherちくま文庫
year1987
price460
isbn4-480-02181-7

目次

1感想
2抄録
365. cf.78

履歴

editor唯野
?.5.6読了
2015.3.23公開
2015.4.4修正

かなり昔に読んだ本で、著者の本はもっと読まねばと思っているのだが、そうはなっていない。私自身としては「いかにもちくま文庫らしい本」というところで、流行りに流されず、かといって岩波のように固くもないという、いい意味での読みやすさ・落としどころを得ている感じ。良質な読み物というのは、こういう本のことをいうのではなかろうか。

抄録

13

しかし、年をとって、すっかり忘れっぽくなってしまった。覚えるより忘れる方が早いのではないかと思うほどである。また、どうせ忘れるのだからというあきらめがさきにたって、覚えなくなってしまったのもたしかだ。命にかかわるような大事なことなら、たぶん忘れないだろう忘れるのは忘れてもさしつかえないことだから忘れるのだ。そう思って、今は自分の忘れっぽさに対処している。

22

それはとにかく「忘れたということは絶対的なひびきをもっている。余人はもちろん当人にもどうすることもできない。神さまのおぼしめしのようなところがある。広大無辺な宇宙のむこうの真暗闇で、底知らずである。つかまえるにつかまらず、さればといって無視するわけにもいかない。恐ろしい存在だ。

ほんとに困るのは、忘れたということさえ忘れてしまったのではないかと思いはじめたときなのである。

33

ジャン・ピアジェによると、幼児が言葉を覚える過程が構造を形成することに対応するそうで、だから言語を異にしてもわかることそのことはちがわないと考えられるらしい。

らしい、などとあやふやないいかたをするのは、私にはピアジェなどという学者のいうことはわかったとはいいきれないからである。

40

日本語の舞うというのはマワルという語と関連している。能の舞などは舞台をゆるやかにまわってあるくだけを基本にしている。-/-

45-46

全文を読まれる場合はログインしてください


Up