ホーム > 読んだ >

見えない ! つながらない ?
Windowsネットの不思議
ウインドウズネットノフシギ

書誌

author斉藤栄太郎
publisher日経BP社
year『日経NETWORK 2000.9』p.78-89

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2000.9.1読了
2000.9.3公開
2001.4.30修正

ちょうど Windows2000 をインストールして、WINS やワークグループと NT ドメインの違いに関する知識を得たかったところだったので非常にタイミングのよい記事だった。Windows ネットワークの裏側が要領よくまとめられており非常によい記事だと思う。

抄録

Windows ネットワークでは各コンピュータにユーザがあらかじめ名前を付けておく必要があり、それを NetBIOS 名という。これは NetBIOS 固有の情報なので TCP/IP の通信では当然ながら別に IP アドレスが必要となる。その際に、NetBIOS 名を元に IP アドレスの調べることを「NetBIOS 名の名前解決」という。その方法には 1) LAN へのブロードキャストによる問い合わせ 2) 名前と IP アドレスの対応表を自分で持つ 3) 名前と IP アドレスの対応表をサーバに問い合わせる の 3 つがある。また、それとは別にネットワークにつながるコンピュータ一覧の表示する仕組みのことを「ネットワーク・コンピュータの一覧表示(ブラウジング)」という。このとき、ワークグループと NT ドメインは区別されず、同じ名前のものがひとつのカテゴリとして表示される。

そして、ブラウジングではグループごとにマスター・ブラウザと呼ばれる特別なコンピュータが自動的に選出され、そのマシンによってグループのリストが一元管理されている。つまり、ブラウジングはマスター・ブラウザへの問い合わせ結果が表示される。マスター・ブラウザはマシンが起動/ネットワーク接続/終了、もしくは 12 分おきに通知を受けることで更新されるが、マシンが異常終了するとマスター・ブラウザの更新が行われなくなり、情報の不整合が発生する。(最大で 12 分 * 3 回の受信に失敗するまで復旧できない。)また、マスター・ブラウザ自体が異常終了した場合におけるマスター・ブラウザの変更にもタイムラグが生じる。このような理由によりネットワーク・コンピュータのリストの不整合が起こることになる。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up