ホーム > 読んだ >

機動戦士クロスボーンガンダム (全6冊)

書誌

author長谷川裕一
editor富野由悠季(原作)
publisher角川書店
year1995-1997
price各\540+tax
isbn4-04-713103-2 (1巻)

目次

1感想

履歴

editor唯野
2003.2.1読了
2003.2.6公開
2003.2.7修正

マイナー(笑)な機動戦士ガンダムシリーズである。

宇宙世紀 0133 (注 ガンダム F91 から数年後)地球からの木星留学生のトビア・アロナクスは、木星への新しい生活に期待胸躍らせていた。しかし、木星のステーションが突然「クロスボーン・バンガード」を名乗る宇宙海賊に襲われる。「クロスボーン・バンガード」とは数年前、貴族主義をとなえ「コスモ・バビロニア」を建国し、そして崩壊した組織の名前である。木星の指導者クラックス・ドゥガチの恐るべき計画を偶然知ったトビアは、計画を阻止すべく、女艦長のベラ・ロナ、エースパイロットのキンケドゥ・ナウ、ザビーネ・シャルらと行動を共にすることを決意する。戦いが進むうちに次々に謎が明らかになっていく。切り札はクロスボーン・ガンダム !

映画「機動戦士ガンダム F91」を見た人は思わず、ニヤリとする登場人物満載だ。一部で根強い人気のある「長谷川節」も炸裂している。登場するモビルスーツも毒々しさ(?)抜群だ。また、ガンダムマニアを自負する長谷川裕一氏らしく、ところどころでマニアもクスリと笑う「小技」もちりばめられている。この作品をおもしろいと感じかるか、駄作と感じるかでその人のガンダム感がよくわかる。リトマス試験紙ともいえる作品かもしれない。

駄作と感じる方はどうぞ、「ファースト・ガンダム」のみを「ガンダム」として崇拝して下さい(ぉぃ)。

余談ではあるが、富野由悠季氏と長谷川裕一氏は仲が悪いらしい。原因は女性の好みの違いのようだ(笑)。

さらに蛇足。この作品に登場する脇役、ニュータイプの老パイロットのウモン・サモンの 1 年戦争時代を描く読み切り漫画が最近発表された。ボールでリックドムを 8 機落とした恐るべき戦歴が「長谷川節」で描かれる(笑)。単行本に収録予定かどうかは不明。

Up