ホーム > 読んだ >

バカな役者め !!

書誌

author殿山泰司
publisherちくま文庫
year2001
price620
isbn480-03621-0

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2001.12.25読了
2002.1.13公開
2002.1.13修正

殿山泰司初の小説集という触れこみの本。しかし、個人的にはエッセイの延長線上という印象の方が強く、あまり小説っぽくない小説という感じだった。むろん、相変わらずのドタバタ調文体は健在なので、その点の心配はいらない。

一方、これで文庫化された殿山泰司の本は 6 冊目となり「こんなに本を書いていたのか」という意味でもびっくりである。それだけ既刊書の売れ行きが好調なのだろう。私は元々、雑誌「ダカーポ」の何かの特集で絶版だけどおもしろい本として『三文役者あなあきい伝』を知り、ちくま文庫で復刻されてから接したのだが、この本は私も非常におすすめである。(そういえば、まだ読書ノートにしてないが...)恐らく、この本を読んで殿山文体の魅力につかれ「他の本も読んでいる」という人が多いのではないかと思う。

抄録

26-27

女はコワイにきまってるよ、今ごろ何を言ってんだい親ビン、女はね、火事や地震や機動隊よりもオソロシインだよ、そんなこと分っているじゃねえか。

申訳ない、許してくれ !!

87-88

向うへ行ってしまった。気持の悪い。ヤマさんかと言われたときチガイマスと言えばよかった。このクソ暑いのに背広なんか着やがってアホンダラ。オレの考えによると、狂女のオソソを思わせるようなニッポンの夏は、男はみんなダボシャツとステテコにしたらどうかね。つまりヤアサマスタイルやね。あれは涼しくていいよ。ヤアサマとカタギの区別がつかなくなるけどね。一億総ヤアサマでもええがな。ダボシャツ姿の国会議事堂なんてのはピッタリ似合うと思うがね。このまえ京都で新聞を見てたら、ニッポンへアソビに来たフランス人が、一日中ムシ風呂の中に入ってるが如きである、と、その筆者にこぼしたというコラムがあったけど、ニッポンの夏は地球上で最低なんだぞ。こんな季節にアソビに来たフランス野郎がバカなんだ。バカフラだオマエは。

135

待てよ待てよ、その前に何かあったな。思い出せない。両手で濃い霧を払いのける。「なにをやってんだい !!」ババアの声がした。何をしようとおれの勝手じゃねえか。いちいちヒトのことにクチをだしやがって。ほんまに毎度のことだけどうるせえババアだ。おれの唯一の希望は八十になったら十七の娘ッ子を嫁はんにして、朝から晩までイチャツクことである。このことはババアに告白してない。ババアより先に死んでしまってはなんにもならねえから、禁酒禁煙して養生一筋にと心がけてるんだけど、さて、うまくいくかな。

160-161

全文を読まれる場合はログインしてください


Up