ホーム > 使った >

海外木工通販事情

文書

履歴

editor唯野
2004.11.27公開
2005.3.13修正

概要

以下では私がカタログなどを取り寄せた海外木工通販サイトをいくつか紹介したいと思います。ここで取り上げたサイトを含めリンクは リンク集 の方にまとめています。

カタログ

Woodcraft

Woodcraft個人的に何箇所かで木工の通販サイトを利用してみた経験からいうと、今のところここが最もよいです。最大の理由は、これまでに何度か個人輸入をして全くトラブルがないこと。やはり何らかのトラブルが発生すると海を隔てた相手と英語でやりとりするかたちとなり、それを避けられるに越したことはないためです。

次いでカタログに掲載されている商品のバランスが非常によく、ブランド的にも信頼できるものとなっている点が挙げられます。逆に価格的には他と比較して若干高めなのですが、海外発送の送料は普通ですので、価格が上述のサービスに反映されていると考えればこれは納得できるレベルです。

実際に購入を行うと e-mail で送料の選択肢が届き、これの回答後に発送となります。ダンボール 1 箱程度の購入で航空便を指定すると $50 程度かかり、約 1 週間で届きます。もちろん、注文、発送の詳細は e-mail で通知されます。但し、注意点として在庫切れのものは別送されますが、別途送料も取られます。

なお、カタログは無料ですが、海外への送付は e-mail で申し込む必要があります。送料の回答時に最新のカタログも一緒に依頼しても送ってもらえます。

Craft Supplies USA

Craft Supplies USAURL を見ればお分かりいただけるように木工の中でも旋盤の専門店です。専門店だけあって大手サイトがアマチュア向きともいえる部分までカバーするのに比べ一線を画しています。例えば、このような専門店の扱うメーカをどの程度、大手サイトが揃えているか見ていくだけでもひとつの定見が得られると思います。

このお店の特筆すべき点はその配送の速さです。「UPS Next Day Air」を選択すると、(営業日なら時差により)注文当日には出荷され、翌日には成田に入り、翌々日には届きます。下手な国内の商用サイトより速いです。

その分、送料は請求書の来るまで分からないものの、Woodcraft より若干高い程度であり、UPS による配送状況のトレース可能なのは気が利いています。

ここでは注文品で届かなかったものがありクレームしたところ、在庫切れの通知漏れとのことでした。但し、丁寧な謝罪メールが返ってきたのでまだ良心的だと思います。

ちなみにカタログは無料で、「FOREIGN CATALOG REQUEST」という $0 の商品を選択することで行います。個人的に旋盤ではここがおすすめです。

Grizzly

Grizzly自社ブランドの機械で有名な Grizzly です。木工界の DELL とでもいうべき台湾での機械の生産と直販に絞った販売方式により、DELTA など欧米のメジャーな木工機械メーカに比較して強いアドバンテージのある価格を設定しています。

カタログを FAX で依頼し取り寄せると($10)、とにかく最初はそのボリュームに圧倒されます。内容を見ると木工機械以外のものも全般的に安価となっているのが特徴です。(但し、当たり前ですが自社ブランドと競合する商品はほとんど掲載されていません。)

その上で海外通販では見積からメールにてやり取りする必要があり、最終的なオーダーは(クレジットカードでの決済ならば) FAX で行う必要があります。また、品物は安価なのですが、航空便の送料がかなり高いため(ダンボール 1 箱で $150 程度、恐らく受注が自動ではなく手動のためと思われる)、商品が安くても送料を含めるとかえって割高といえなくもありません。

そのため、ここの場合、急がないものをまとめて船便で注文するなどの方法が賢い利用法という感じがします。

Rockler

Rockler木工のお店としては老舗に属すると思われる Rockler です。カタログの表紙に「Woodworking and Hardware」ともあるように、金具類がかなり充実しており、例えば引き出しのスライドレールだけでもかなりの数があります。

一方、ドアの取っ手などのデザインは欧米風なものが多いですので、個人的にはちょっとくどいかなという気もしますが、これだけの種類があると見ていて飽きないのも事実です。

なお、カタログは海外送付用の専用フォームから $5 で申し込みます。実際の注文はしたことがないので不明ですが、ちょうど今は 50 周年記念特価セールをやっているようです。

Woodworker's Supply

Woodworker's Supplyここのカタログで特徴的なのは仕上げ(Finishing)関係が充実している点です。例えば、Japan Color などは、カタログを見る限り、これまでに取り上げた他のサイトでは扱っていません。

その他、木工機械では DELTA が割とフィーチャーされており一通り載っています。カタログは Web から $5 で注文できます。

が、個人的にはこのカタログが支払済なのに 2 ヶ月経っても届かずクレームしてようやく届きました。発送の通知はメールがされていたので配送中のトラブルかもしれませんが、特に謝罪があったわけでもなく、個人的には「ちょっとなー」という感じです。

その他

以下はカタログだけ取り寄せたところをいくつか挙げておきます。もちろん、Tool Crib などカタログを請求してみて送ってくれなかったところもあります。(恐らく海外通販に積極的でない ?)

Woodpecker

WoodpeckerIncra という治具メーカの製品を扱っています。テーブルソーのマイターゲージなどで有名です。

WoodHaven

WoodHaven同じく治具メーカです。治具専門メーカが複数ある辺りにアメリカの木工の裾野の広さを感じます。

Oneway

Oneway旋盤の専門メーカです。オプションを含め豊富なラインナップを取り揃えています。でも、高い...

Leigh

LEIGH蟻組のルータ治具で有名なところです。ちなみに上の Oneway 同様、カナダの会社です。

MLCS

MLCSルータビットの専門会社です。ただ、大手サイトも軒並みルータビットは取り揃えているため、実際に買うかといわれると微妙ですが。

リソース

私が海外通販の情報で参考にしたのは Knotty Workshop の「木工に関する情報源」のページです。旧・小国木材加工研究所にも少し情報があります。

日本で国外メーカの木工機械を買う場合には TAMA CRAFT や TOOLS.GR などがあります。TAMA CRAFT には Grizzly の機械の 50Hz 帯でのトラブルについて記述があります。(これは Grizzly に見積を出すと確認を求められましたので有名みたいですね。)

ただ、モルダ(自動 4 面鉋盤)で有名なヴァイニッヒなどのクラスのメーカになると、専門の機械屋を通す必要があるのではないかと思います。

Up